プエラリアについてもっと教えて!


ff9b91e6c4638b7aa71ca9ee695d2feb_s

プエラリアとは、植物です。昔のミャンマー、今のタイで栽培されています。プエラリアには赤、黒、白の3つの種類があります。プエラリアにはその栽培できる場所が厳密に決められていて、加工された状態でした輸出できないという規制があります。

プエラリアの根には、エストロゲンやイソフラボンなどの成分が含まれていますが、長く栽培したからといってその成分が多く含まれるというわけでもありません。

効果が期待できる成分が特に多く含まれているのは、栽培開始後3年を経過したものなので、加工することが許されている機関では3年物を使用しています。

その成分がもつ効果から、日本では更年期障害で悩む女性たちに対して、ホルモン置換療法において使用されています。

プエラリアの副作用が出やすい人ってどんな人?

プエラリアはホルモン置換療法で、薬のような形で利用されています。薬に似た作用を持つものは、どんなものでも副作用があり、期待できる効果よりも副作用のほうが強くでやすい「禁忌」と呼ばれる方たちもいます。

例えば、妊娠・授乳中の人、生理中の人、がんの治療中の方やホルモン剤服用中の方、病気治療中の方たちなどです。

また、イソフラボンを含んでいるので、この成分に対してアレルギーを示す人は、決して服用することはできません。

場合によっては呼吸困難など、アナフィラキシー様の症状を示す場合もあるため、サプリメントとしてプエラリアを飲む場合は「飲んではいけない人」の項目をきちんと読んで服用することが勧められています。